エコット日記

eco-Tスタッフによるブログです。

ビーツの葉、凄く大きくなりました

しばらく更新されてなかったビーツ、気になっていた方もいらっしゃるのではないでしょうか?
日本の夏はとても暑いです。
果たしてビーツはこの猛暑の中、生き残ることができるのでしょうか!?
ドキドキしながらカメラを片手に3階のウッドデッキに向かいました。


初号鉢


弐号鉢


参号鉢

どうです?すごく大きくなってませんか?
まさかここまで大きくなるとは思ってませんでした。
どのくらい大きいかというと


親指から中指までの長さがだいたい20㎝ぐらいです。


専門家曰く、あと2か月ほどで収穫できるそうです。

試作まで まだまだかかり 待ち遠しい
皆さんも ウッドデッキに レッツゴー!
ここで一句
「真夏日は 熱中症に 気を付けて 水分補給で 財布はカラカラ」(字余り)


8/8-9 鉄道模型好き集まれ!鉄道はエコなのりもの!?

8日から9日、2階多目的室で、エコットで初めての環境講座を開催しました。

8月8日(土)参加者(子ども9人、大人9人) 計18人
8月9日(日)参加者(子ども10人、大人10人) 計20人

今回のねらいは、
(1)クールシェアでおうちの省エネ・CO2削減
(2)夏休みに家族であちこち移動することが多いことから、移動でできるエコ(特に鉄道)について気づき、学び、行動が変わってもらうこと
(3)「鉄道好き」や「HOゲージ好き」など、今までエコットに来なかった市民層をターゲットにして、エコットを知ってもらったり展示室で学んでもらったりすること
(4)おもちゃを長く、修理しながら使うこと(3世代のおもちゃ)
です。

トコネットワーク代表の西塔 隆 氏によるミニレクチャーでは、
(1)のりものにはどんなのりものがあるのか?
(2)のりものはどんなエネルギーを使って動かしているのか?
(3)CO2が少ないのりものはなにか?
ということをクイズを交えながらお伝えしました。

その後、鉄道模型の線路を組み立てたり、ジオラマを置いたりして楽しみました。


ミニレクチャー HOゲージの紹介

ミニレクチャー HOゲージの紹介


クイズに答える参加者

クイズに答える参加者


恐竜のいる世界を作ってみたり、積み木を使ってタワーや橋を作ってみたり、自宅から持ってきたおもちゃを飾ってみたり・・・自由な発想で遊んでくれました。

インタープリターは、「なんで動かないのかな?」「どうしたら脱線しないですむのかな?」「坂道をつくってみよう」といった、参加者の疑問や挑戦する気持ちを大事にしながら、一緒に作っていきました。


親子で線路を組み立て中

親子で線路を組み立て中


鉄道、ちゃんと走るかな?

鉄道、ちゃんと走るかな?


積み木で線路を高架化し、タワーも建設

積み木で線路を高架化し、タワーも建設


駅長になって記念撮影♪

駅長になって記念撮影♪


参加者アンケートからは、こんな感想をいただきました。
・自由な発想で製作できて楽しんでいました。
・楽しかったです。長編成にできて良かったです。
・できるだけ車よりバスや電車を使いたいと思った。初めて鉄道模型を自分で触ったり組み立てられたりして楽しかった。
・ドイツ製のHOゲージを初めて触った。家にあるNゲージと違って大きくて迫力があった。頑丈で重みを感じとても楽しかった。
・HOゲージだけでなく、積み木がたくさんあったりして楽しんでました。家でやっているNゲージをより楽しみたいと思った。

今回、初めて大規模に開催してみましたが、目的はすべて達成できたと思います。
これはまた近いうちに、恒例講座としてやっていけたらいいなと思います。


ファイルを開く

鉄道が動いている様子①


ファイルを開く

鉄道が動いている様子②


ファイルを開く

鉄道が動いている様子③


ごみのゆくえを見にいこう

8月7日は「ごみのゆくえを見に行こう」の講座を実施しました。
当初は2回実施する予定でしたが、学校の夏休みが短縮され、1回の開催となりました。




 前段は、プラス製容器包装資源化施設を見学しました。
プラスチックが再生されてプランターや杭などに生まれ変わることやプラスチックがどのように処理されていくのかを見学することができました。
 見学されている方からはプラスチック製容器包装の中にそれ以外のごみが混ざっており、分別するのに大変だねという声が聞かれました。



 後段は渡刈クリーンセンターの見学を実施しました。今日はごみピットは草木のごみが多くなっており、プラットホームも市のパッカー車が来てごみを捨てる状況を確認していただくこともできました。いつも小学校4年生は学校見学で来ますが、本日の参加者には小学校4年生もおり、事前の予習になったようです。
 今回は、新型コロナウイルスの影響で日程が合わずリユース工房の見学ができませんでしたが、参加者が少人数でじっくり工場見学をすることができたようです。


リサイクル楽器で演奏会


8月7日は、「リサイクル楽器で演奏会」の講座でした。
講座のスタートと同時に
エコットの展示室に、美しい音色が響き渡りました。



水を注いだグラスを叩いて、「ドレミの歌」や「ミッキーマウスマーチ」を奏で
参加者にクイズタイム。
はじめは堅かった場の雰囲気が、いっきに和みました。



次に、メインの楽器作りに挑戦。
みんなが大好きマラカスです。
ラップの芯に、シールやお絵かきで飾り付けをします。
中には『ビーズ』を入れ、蓋をしたら出来上がり。
みんな待ちきれず、「シャカシャカ・シャカシャカ」
楽しいね!私も、わくわくしてきちゃいました。



最後はマラカスを振って、みんなで楽しく歌って踊りました。
曲はもちろん、皆さんおなじみのあの曲!
「おいでんみりん♪お~ど~ろまい♪」
今年は、コロナウィルスの関係で、おいでん祭り自体がなくなってしまい
残念な夏となってしまいましたが、
コロナを吹き飛ばすぐらい歌って踊って楽しいひとときでした。
エコットのスタッフ・インタープリターも、本気になって踊ってしまいました。
皆さん、ありがとうございました。


布あそびエコバッグ講座

8月5日は布あそびエコバッグ講座を開催しました。
7月1日のレジ袋有料化になったこのタイミングで
せっかくエコバッグ使うならお気に入りのものを!という思いで開催しました。



今回ははぎれを使ってのエコバッグ作りなので、布の活用についてもお伝えしました。
着なくなったカットソーもアイディア次第で素敵なものに。
なんと、腕の部分を切り取るだけで、日焼け防止腕カバーに変身です。



ただいまeco-Tで実施中の期間展示『change your life~海に願いを。~』
も参加者のみなさんに体験していただきました。
ソーシャルディスタンスを取りつつ、海洋プラスチックごみについて考えて頂きました。



お楽しみのエコバッグ作り。
どんなはぎれを使おうか?
迷ってしまいますね。



お絵描きするみたいで楽しいですね。
塗ったり、布用ボンドで張り付けたり世界で1つのオリジナルバッグの完成です。



どれも素敵ですね!
ご参加頂いたみなさま、ありがとうございました!


2万個の積み木で、未来のまちを作ったよ!

クールシェア企画として、「2万個の積み木であそぼう!」の講座を開催しました。
夏休み初日とあって、会場に入るなり子どもたちは大はしゃぎ。
親御さんたちも、世の中が混乱する中、子どもたちが思い切り楽しめる場を作ってげようと気を揉んでおられることと思います。



今日は、来館者の皆さんに検温をさせていただき、予定通り開催させていただきました。



自分たちの持ち場で思うままに作品づくり。どんどん手が動きます。
どんなのが出来上がるかな・・・?




高くしたり、ユニークな形にしたり、さすがです。個性が光りますね!
そして・・・



おとなり同士が全部つながりましたよ。
みんなの「未来のまち」の完成です♪♪



完成したら、惜しいけど今日はここまで。
くずして、箱にしっかりお片づけします。

積み木の感触、楽しさが、しっかり心に刻まれたことと思います。
また、ぜひ体験しにきてくださいね!


ジーンズからトートバッグを作ろう


8月4日は、着なくなったジーンズでトートバッグを作りました。
ソーシャルディスタンスと換気を意識して
3密に注意しながら、講座を行いました。



今回は裾の部分を使いバッグを作成します。
よく見かけるジーンズバッグは、ウエスト部分を使って作っている物が多ので
今回は一味違ったバッグにチャレンジでした。

手作りバッグというと難しそうなイメージですよね?
しかし、今回はもともとの縫い目を活かして作るので
縫う作業も少なめ。思っていた以上に簡単です。




同じ生地でお花の飾りも作りました。
お花の真ん中ボタンやビーズなどを付ければ、とっても華やか。
バッグにお花をつけると、シンプルなバッグが途端にかわいらしくなりました。



こちらの作品は、お嬢様のお召しになっていたジーンズを使用して
参加者が作成しました。
今はもう着ることのなくなった、思い出のジーンズ。
「新しい形でまた息を吹き返して、とっても嬉しい!」
と参加者がとても喜んでくださいました。
主催者側としても、こんな素敵なお声をいただきとてもうれしいです。


8月のリユース工房

やっと梅雨が明け、一気に夏らしくなりました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?
リユース工房では、8月も新しい商品が並んでいます。

今月は『家具』以外の商品もとっても充実しています。
一部ですが、商品の紹介をします。



こちらは、『バランスバイク』です。
自転車に乗れるようになる前からバランス感覚を養うのに最適な乗り物です。
足で蹴るだけで乗れるので小さな子供も喜びそうですね。



こちらは、『座椅子』別名『ゲーミングチェア』です。
長時間座っていても、疲れにくい椅子です。
在宅ワークが浸透しつつある今、魅力的な商品ですね。



こちらは、子ども用の玩具、『マイク』です。
3密の環境で歌うのは少々不安のある今日この頃。
自宅でカラオケ気分を味わうのもいいですね。
拍手や歓声の機能もあるようです。盛り上がりますね。



こちらは、室内の『健康器具』です。
自宅でこっそり腹筋づくりができます。
ステイホームで運動不足のかた、いかがでしょうか?

8月のリユース工房は、
8月4日、6日、9日、11日、13日、16日、18日、20日(20日は12時まで)です。
みなさま是非、お越しくださいませ。


ヒートアイランドを止めよ!

本日、「もった博士のかがく倶楽部 ~ヒートアイランドを止めよ!~」を開催しました。



はじめに、地球温暖化について3択クイズ。さすが小学生の皆さん、よく知ってますね。



次に、館内のいろんな所の温度をはかってみました。
3階は?日なたは?バケツの水も、置いた場所によって温度がちがうかな?

大気の温度は、「気温」といいいますよ。
世界の気温、さらに日本の気温、名古屋の気温は驚くほど上昇しています。これがヒートアイランド現象です。
ヒートアイランド現象を止めるには… 「打ち水」も効果的なんですよ。



そこで「打ち水」をすべく、竹やペットボトルで水鉄砲を作りました。





水を出しながら回したり、天井にこんなに飛ぶのと驚いたり、「ごみモンスター」の的に向かって発射したり。エコットの駐車場が、少しすずしくなったかな。
全身に水をかぶって楽しく遊びました。



最後に「せーの!」の合図で、打ち水です。
みなさんの協力で、いい写真が取れました。ありがとうございます。
今回は講座の為、暑い時間に打ち水をしたので気温は下がらなかったのですが、夕方くらいに打ち水をすると、涼しくなりますよ。みなさんも、お家で試してみてください。


今日体験してくださった皆さんも、これから行ってみようと思ったあなたも、「もった博士のかがく倶楽部」ではまた楽しい講座を用意しているので、ぜひお越しくださいね。


牛乳パックでソーラーハウスを作ろう!

今日は、牛乳パックでソーラーハウスを作ろう!の講座でした。
講師は、おいでんエネルギー株式会社 代表取締役 松原俊介さん。



参加者は12名の子ども達と、お父さん、お母さん。
はじめに、ソーラーパネルについてのお話。
家の屋根や電卓についているのは、よく見るので知っていましたが、腕時計、船、飛行機にもついているものがあると知りとても勉強になりました。

ソーラーパネルは、太陽の光の強さで発電することや、蓄電池のこと、LEDランプのことなどを、子ども達にもわかりやすいようにお話してくださり、エネルギーをつくって、ためて、かしこく使って地球にやさしい未来をつくろう!ということが学べました。



さあ、牛乳パックを使ってソーラーハウス作り。
工作になると、子ども達は夢中になって切ったり、貼ったり、折り紙やシールを選んだりして、とても楽しそうでした。



完成!!
素敵なソーラーハウスができました。
できあがったソーラーハウスを倉庫に持って行って、点灯式。
暗くすると・・・つくかな?



ついたー!!



大成功!!
これから日差しの強い日が続くと思うので、お家で大活躍しそうですね。


公式サイト

エコットのホームページヘ

過去のeco-T日記

カレンダー

« 8月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

月別リスト