エコット日記

eco-Tスタッフによるブログです。

もうすく、エコットフォーラム2014

エコットフォーラム2014『からだも地域もよろこぶおいしいごはん』の開催が近づいて来ました。
今年は、私たちのくらしに身近な『食』がテーマです。




午前中は、その土地の伝統的な食文化や食材を見直す活動をされている、食のエキスパート長田絢さんからお話をうかがいます。
命や健康の源である食を通して、くらしを見つめなおしてみませんか?
そして、自分たちがくらす地域のことや人づくりについても一緒に考えたいと思います。

地元豊田市で三州豚のブランド化に取り組み、農業・地域の活性化にも力を注いていらっしゃる鋤柄雄一さんの事例紹介もあります。




午後は、映画「100年ごはん」の上映と、大林千茱萸監督のお話。
そして、長田さん、鋤柄さんを交えてのトークセッションです。

映画「100年ごはん」は、大分県臼杵市を舞台に、有機農業をめぐる人々や現場の取り組みを追ったドキュメンタリー映画です。

「新しいけれど、昔から大切なこと。健全な魂は、健康な食べ物から。健康な食べ物は、健全な土から」。
無化学合成農薬・無化学肥料の野菜作りを推進する大分県臼杵市は、2010年に、草木8割、豚糞2割を主原料とした完熟堆肥を製造する「臼杵市土づくりセンター」を開設。慣行農業から有機農業に転換する生産者や、あたらしく農業をはじめる市民が現れる。しかしマーケットの現状は? 消費者は?──。
将来的には子どもたちの給食を臼杵の野菜でまかないたい。
全国でもはじめての試みに試行錯誤しながらも、臼杵市と市民たちが前へ向かってゆく姿をとおし、現代の「食」にとって何がほんとうに大切かを考える、"ワタシ"から"アナタ"へ宛てたメッセージ。
(100年ごはんのホームページより)




予告編をeco-Tで上映しておりますので、お越しの際には、ぜひご覧ください。
映画のホームページ(こちらをクリック)からもご覧いただけます。

★お申込み方法★
直接eco-Tで申し込みのほか、下記7点をFAX(0565-26-8068)、E-mail(info@eco-toyota.com)、電話(0565-26-8058)のいずれかでご連絡ください。
①氏名・ふりがな  ②年代(10代、20代、30代、40代、50代、60代以上)
③電話  ④住所  ⑤同伴者(氏名・ふりがな)
⑥参加区分(全日、午前のみ、午後のみ)
⑦お弁当希望(申込みは12/5(金)まで)
A.三州豚を使ったお弁当(税込1,000円)
B.下山のミネアサヒを使ったランチBOX(税込 500円)
C.希望しない(持参したお弁当を会場で食べることもできます)
*講演テーマに関連したお弁当です

みなさんのお越しをお待ちしております!


公式サイト

エコットのホームページヘ

過去のeco-T日記

カレンダー

« 11月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

月別リスト