エコット日記

eco-Tスタッフによるブログです。

稲武小にMIRAIが来たよ♪

11日(金)稲武小学校5年生のみなさんにところに出前授業に伺いました。

まず5時間目に「3Rについて」
4年生で学習したごみを減らすキーワード3Rを暮らしなかで実践していただくようなことに挑戦してもらいました。
マイバッグの代わりにもなるふろしきの包み方の体験なんかも♪
楽しみながら、なるほど!と思ってもらえたようです。

そして、6時間目には環境にやさしい新しい技術の紹介、ということで再生可能エネルギーや水素のお話。
そして、今回は燃料電池電気自動車MIRAIも登場!
児童のみなさんを乗せてグラウンドを周遊♪
「静かだね!」「乗り心地いいね!」「うわ!水がでるんだ!」
などなど、いろんな発見をしてもらいました。

校長先生も体験!



盛りだくさんの体験をして、自分たちにできることや、やってみたいことが、どんどん膨らんできてくれたみたいです♪

稲武小の周りの、とても豊かな自然の風景。守っていきたいなという子供たちの気持ちも伝わってきました。 ぜひ、日々のくらしに生かしていってくださいね!



大林自治区 出前講座実施

大林自治区へ出前講座に行ってきました。



区長さんから、「区民のみなさんがごみの分別やゴミ出しのマナーについて認識を高めるために」と依頼を受けました。



今年は新型コロナウイルス対策の為、会場内が密にならないようにと93名が朝と夜の2回に分かれ参加していただきました。



自分たちが出したごみがどのように処理されているか、”燃やすごみの中身”を調べた映像などを見て頂きました。“燃やすごみの中身”の映像では、手つかずの野菜やお菓子、分別すれば資源となる雑誌や新聞紙も入っていました。



映像だけではなく、ごみの正しい出し方をクイズ形式でみなさんにチャレンジしてもらいました。
ここで問題です!
飲料缶は「飲料缶」の箱にたくさん入るようにつぶして出した
〇か✕、どちらだと思いますか?

正解は✕です。
理由は、板状につぶれていると、アルミ缶とスチール缶の選別がしにくくなってしまいます。なのでつぶさないで出して下さい。


みなさんとても熱心に聞いてくださり、クイズにも参加していただきありがとうございました。

エコットでは、開館日ならいつでもインタープリターが工場見学の案内をしますので、ぜひお越しください。


若林交流館へ出前講座に行ってきました

7月26日(日)にもった博士のかがく倶楽部で、出前講座に行ってきました。
会場は昨年も行かせて頂いた、若林交流館です。



今回のテーマは、水の表面です。
テーマだけ聞くと、「何をやるんだろ?」と思いますよね?



まずは「グー・チョキ・パー」クイズです。
1分間、水を流しっぱなしにすると、どれくらいの水を使用するのでしょう?
グー:約2L チョキ:約12L パー:約22L さあ、みなさんわかりますか?


正解は  チョキの約12Lです。
1分間も流しっぱなしにしないよと思われるかもしれませんが、歯磨きをしている時や、シャワーを浴びている時、食器洗いをしている時、みなさんは大丈夫ですか?



いよいよ実験です。5円玉の穴に水をたらしレンズを作ります。水の膜の張り方で凸レンズか凹レンズのどちらかが出来ます。
そしてコップいっぱいに水を入れ、コップから水があふれるまで1円玉を入れていきます。誰が一番多く入れれるか大会です。
親子で慎重に交互に入れていたり、上からポトンと入れたり、みなさん様々でしたが、50枚以上入れている子もいました。



そして針金で「アメンボ」を作り水に浮かべました。子ども達は「アメンボ」をあまり知らないようで、作るのに戸惑いながらもなんとか完成。一緒にカラフルなモールも使って作品を作りました。
きれいな水なら1円玉やアメンボも浮かんでいますが、ここに洗剤をたらすと・・・


沈んでしまいました。
池や川、海でも同じように、汚れると生き物たちが住めなくなるどころか死んでしまします。
みなさん1人1人が気を付けることが大事です。



最後にちょっとお楽しみ♪
ペットボトルを噴水にして、打ち水体験。

コロナ禍の今、参加していただいたみなさま、若林交流館の皆様、スタッフのみなさま、ご協力を頂きありがとうございました。


出前授業に大忙し!

今年度は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため公共施設見学が中止となってしまった小学校もあります。

そのような小学校にお邪魔して、ごみ分別の体験や動画を活用して、豊田市のごみや渡刈クリーンセンターについて学習をしてもらうための出前授業を行っています。

先日も、加納小学校にて2時限分を使っての出前授業に行ってきました。



ごみの分別、渡刈クリーンセンターの紹介の動画にも、とても興味を持ってくれました。
地球温暖化による気候変動への影響をお伝えする「50年後の天気予報」の動画では、大きな声で「やばいじゃん!」と言う子も。そうなんです、ヤバいことを知ってほしいのです。

ごみや地球温暖化は、他人事ではなく自分事。 授業を受けてくれたみなさんが、そう感じでくれたらうれしいです。

出前授業は、まだまだ続きます。たくさんの児童さんに会えるの楽しみしにています♪


エコットマン 登場!

15日に 2020年最初の出前授業に 萩野小学校にお伺いしました。

学校とは思えないような 素敵な建物! 舞台のあるスペースには とてもきれいなステンドグラスも♪



この日の授業は エコット劇団めぐり座による環境劇。
おなじみエコットマンも大活躍!
児童のみなさんも たくさん笑って見てくれました。



寒い日が続き、風邪なども心配ですが、みんなで笑って乗り切りましょうね!


地球温暖化の出前授業

27日(木)、大蔵小学校の3,4年生のクラスへと地球温暖化の出前授業に行ってきました。

総合学習で身近な環境保全について取り組んでいる児童のみなさん。
教室の前には、近くの川に落ちていたいろいろなごみを展示してありました。
水質の調査や生物の調査も行ったそうです!

授業では、まず地球温暖化の仕組みや影響についてお話ししました。
「未来の天気予報」を見てもらうと、「うわーっ!」「やばいっ!」など、心配の声がたくさん聞かれました。



2時間目には、生活の中で自分たちにできることを考えます。
エネルギーの無駄使いの家族の映像を見て、改善点を見つけました。

最後に、お水の使い方!
インフルエンザ予防に大事な手洗い。 こまめに洗うことも大事ですが、お水の使い過ぎには注意。
はじめに「わるい洗い方の見本」を実演して、みんなにダメなところを見つけてもらい、そのあと、自分たちも実践してみました。



「悪い見本」で6リットルも使ってしまっていたのが、こまめに水を止めたり、出す量を適量にしたり、せっけんを使いすぎないなど気を付けることで、なんと1リットル以下の水でもきれいに洗うことができました。

環境にいいこと、というと 我慢したり無理をしたりと考えてしまいがちですが、「無駄」なことをしないだけでも、大きな効果があります。 
大蔵小のみなさんが、これからも気を付けてもらえるとうれしいです!


めぐり座出前授業「おなかいっぱいのごみ箱くん」

今日は中金小学校へ、めぐり座さんの出前授業です!
なんと、全校の児童さんが参加してくれました!



みんなの人気者「エコットマン」です♪
登場すると、大きな声援と笑い声で迎えてくれました。
「おなかいっぱいのごみ箱くん」という劇を出前授業では行っています。



授業の後半は〇✖クイズです。
ごみの分別や環境にいい行動について、みんなで楽しく学びました。
おうちに帰ってから、ぜひ家族でお話してもらえるとうれしいです!

*******
中金小の門の横には、大きな銀杏の木がありました。
黄金色に輝き、とてもきれいでした!



出前授業に行っています♪

夏休みが終わってすぐから、小学校への出前授業がスタートしています。

エコットでは、「くらしの環境学習推進校」として、市内の4年生を対象に、渡刈クリーンセンターの見学の前後に学校に出前授業に伺い、ごみの学習をより深めていただこうと実施しています。

見学の前の授業では、ごみの分別について学んだり



渡刈クリーンセンターの仕組みについて学んだり



見学のときに聞いてみたいことを考えたりします。

工場見学に向けてのわくわくが大きくなってくれるといいなと思いながら、インプリさんが丁寧に授業を進めてくれます!

見学の当日には、元気にエコットに来てね♪


足助交流館 出前講座の実施

今日は、足助交流館に出前講座に行きました。
足助の環境部会様の足助コミュニティー会議の場をお借りして講座を実施しました。
特に、分別ゲームではごみの分別はとてもよく分別が出来ていましたが、時々頭を悩まされるごみもあり、勘違いされたりと楽しい雰囲気でごみ削減などについて学んでいただく事ができたようです。





根川小で、海ごみの授業をしてきました!

今日は、3年生のみんなに、海のごみについて考える出前授業をやってきました。

3クラス中2クラスは、愛知県が考案した基本的なプログラムの流れで実施し、もう1クラスは先生の意向を反映させたオリジナルバージョンでやりました。
下記には、基本的な流れでやった時の様子をご紹介しますね!


DVD鑑賞

DVD鑑賞


絵合わせゲーム

絵合わせゲーム


「かっぱの清吉と海ごみのようかい」という6分間のDVDを見て、「海ごみってなんなのか」「どこからやってきているのか」「海ごみの原因は?」ということが学べます。

どのクラスも、真剣に見入っていました。
最後にどうすれば海ごみが減らせるか考えてみようと促してくれます。

その次に、絵合わせゲームをします。
たった5分間ですが、とても盛り上がりました。
一番多く取れた子は、5組(10枚)取っていました。すごい記憶力だと思います。


3つの色でグループ分け

3つの色でグループ分け


カメの口に袋がからまってます

カメの口に袋がからまってます


その後、カードを3色に分けて、それがどんなグループなのかを考えて、発表してもらいました。
緑は、「自然環境のもの」とか「植物」とか答えてくれました。
オレンジは「仕事ででてくるごみ」とか「からまると大変なもの」とか答えてくれました。
赤は「暮らしから出るごみ」とか「人間がごみとして出したもの」とか答えてくれました。

色んな意見が出てくるものだなーと感心しました。

そして海のごみはどんな影響を生き物に与えているのか、そしてそれらはどこからやってくるのかを考えてもらい、発表してもらいました。
ウミガメがクラゲと間違えてレジ袋を食べてしまっている写真などを見せた時は、皆さん驚いている様子でした。


自分にできる事はなにかな?

自分にできる事はなにかな?

こんな意見が出ました!

こんな意見が出ました!


最後に、「海ごみをへらすために、自分がこれからやってみようと思うこと」と「自分はできないけれど、海ごみを減らすためにはこうしたらいいというアイデア」、そして「かっぱの清吉くんへのお手紙」を書いてもらい、発表してもらいました。

どのクラスもたくさんの意見が出て、正直驚きました。
一部をご紹介。
「海ごみをへらすために、自分がこれからやってみようと思うこと」
・レジ袋をもらわない
・ポイ捨てしないでごみ箱に捨てる
・海で遊んだときは、ごみを家に持ち帰る
など。

「海ごみを減らすためにはこうしたらいいというアイデア」
・ごみ捨て禁止のような、看板をつくる
・海ごみのせいで困っている生き物がいたら助ける
・海に流れないように、川に網をつける
・ごみ箱を増やす
など。

4年生の春に、ごみのことを学びます。
今日のことが少しでも覚えててくれて、4年生の学びにつながってくれたら嬉しいな~って願っています。

この学習プログラムは、愛知県が作成したものです。
詳しくは、下記サイトをご覧ください。

愛知県のサイト


公式サイト

エコットのホームページヘ

過去のeco-T日記

カレンダー

« 9月 »
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

月別リスト