エコット日記

eco-Tスタッフによるブログです。

フランス グルノーブル・アルプス都市圏の方が来館!

5月14日(火)、フランスのグルノーブル・アルプス都市圏で環境関連の事業に携わっている5名と、引率者3名、通訳者1名が、エコットを視察されました。

これは、EU-日本 国際都市環境政策課協力プロジェクトの一環として行われているものです。
詳しくは市役所ホームページをご覧ください。
ホームページ

今回は、エコットの他、防災学習センターやエコフルタウン、SENTAN、トヨタ自動車元町工場などを見て回るそうです。

さて、昨日エコットで行われた視察の様子をお話ししますね!


塩谷環境政策課長からのあいさつ

塩谷環境政策課長からのあいさつ


まずはじめに、環境政策課より、豊田市の環境行政の取り組み「市民への環境配慮行動促進メニュー」についてお話をしました。
エコファミリーカードの仕組みやエコポイント付与の流れについて、そして各種補助金制度についてお話をしました。

その後、エコットの取り組みとして「市民が市民に伝える環境学習施設の事業紹介」と題して、お話しをしました。
エコットの施設概要、市民ボランティアであるインタープリターの役割、多角的な環境学習プログラム(特に推進校や人気の環境学習プロフラム)についてお話をしました。

とても多くの質疑をいただき、関心の高さを伺えました。


温暖化について

温暖化について


人力発電体験

人力発電体験


ごみ分別ゲーム

ごみ分別ゲーム


ダンボールコンポストについて

ダンボールコンポストについて


そして、1階の展示室にあるプログラムをいくつか体験していただきました。
インタープリターによって、「だんだんおんだんか」「人力発電」「ごみ分別」「スーパーえこっと」を体験。
人力発電は、みごと1位にランクイン!
拍手がわきました。
スーパーえこっとでも、実際に買い物体験をしたところ、しっかり地産地食のことを考慮して食材を選んでいただきました。

また、関心の高かったダンボールコンポストの実物も急遽用意してご案内させていただきました。
ダンボールの強度について質問があり、臭いがでていないことに驚いている様子でした。

最後に、記念撮影をしておしまい。
エコットのオリジナル缶バッジなどをプレゼントしてお別れしました。

グルノーブルでの事業に少しでも参考になったら嬉しいですね!


集合写真

集合写真


コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

公式サイト

エコットのホームページヘ

過去のeco-T日記

カレンダー

« 7月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

月別リスト