エコット日記

eco-Tスタッフによるブログです。

エコ・キッズスペース~新聞で遊ぼう~

本日は、エコ・キッズスペース~新聞紙であそぼう~を開催いたしました。
かわいいお客様が沢山来館してくださり、朝からにぎやかで楽しいエコットです。



エコットの館内、かわいいおひなさまが飾ってあります。
にぎやかな雰囲気におひなさまもにっこり。
積み木を活用したり、着物の端切れで作ったおひなさま。かわいいですよね。



さて、講座の方は、事務局スタッフによるパネルシアターで楽しくスタートします。



遊ぶ前に、地球にやさしい、エコ話。
今日は、新聞紙あそびにちなんで、『紙のリサイクル』について親子で学んで頂きました。



お待ちかねの新聞紙遊び。最初は新聞紙でかぶとを作りましたよ。
「いいお顔ではいチーズ!」



それから、新聞紙をまるめて。まるめて。何ができるのかな?



じゃ~ん!おひなさまが完成です。
同じ材料で、同じ作り方で作りましたが、大きさ、形、表情もさまざま。



どれもかわいらしいですね。



工作した後は、運動あそびを。
わなげ、ボーリング、ボールころがし、玉入れ、ゴルフ
どれも新聞紙や牛乳パック、ダンボールを活用して準備をしました。



親子で好きなコーナーに行っては楽しんでいました。



手のひらサイズの雑紙は分別してリサイクルステーションへ。
エコマークの商品についてもお伝えしました。
お子さんと一緒に楽しく学んだことが暮らしの中に取り入れられたら嬉しいです!
ご参加頂いたみなさま。スタッフのみなさま。お疲れさまでした!


2月のダンボールコンポスト講座

今日は、ダンボールコンポスト講座がありました。
基礎講座には、なっなんと!!12名の参加者が。
主催者側としても、たくさんの方に興味をもっていただけてとてもうれしいです。

今回も万全のコロナ対策を行い、12名の市民の皆様に
ダンボールコンポストのお話をさせていただきました。





まずは、コンポストの仕組み使い方などのお話。
皆さん、微生物のこと、豊田市のごみのことなど熱心に聞いてくださいました。





その後席を移動し、受講者の皆さまには、間近で見てにおいも体験していただきました。
皆さん食い入るようにコンポストを覗き込み、真剣なご意見が飛び交いました。

ダンボールコンポスト通して、『捨てないくらし』はいかがですか?
ダンボールコンポストは今、雑誌やテレビで紹介されるほど注目されています。
基材を小型のバッグに詰め込んだ、おしゃれな形のコンポストもあるんですよ。

市民の皆さんに、ダンボールコンポストを活用していただき、
エコな暮らしが浸透していくと、私たちもとてもうれしいです。

エコットでは、3月以降も講座を行います。
興味がある方、ぜひご参加ください。お待ちしております。


オリジナルマスクを作りました。

今回は、席の配置を工夫した会場設営をし、密にならないように気を付けました。
家で余っている古布を再利用しておしゃれなマスクを作りました。






家にある古布にゴムさえあれば簡単に作れてしまいます。
エコットでは今回作ったマスクの作り方のレシピを余分に印刷して保管していますので、講座には参加できなかったけど家で作りたいなという方がいましたら,ぜひお越しのうえ声をかけてくださいね。


つまみ細工でコサージュを作りました!

12月19日はかんたんエコ手芸教室の講座で、つまみ細工でコサージュを作りました。



まずはつまみ細工の説明をしてから作業に入りました。



みなさん真剣に作業していました





だんだん形が仕上がってきました。



みなさん完成して喜んでいました。良く似合っていますね。




葉ボタンのエコ寄せ植えを行いました

今日のエコ寄せ植えは、冬の冷気で鮮やかに色づく葉ボタンが中心です。

はじめは、エコットインタープリターによる、気候変動のお話し。

地球温暖化の影響で、真夏日・猛暑日の増加や台風の大型化が起こり、また北極海の氷の融解により海面が上昇して、海抜が低い島では人の住む場所が水に浸かってしまうという被害が出ています。



「ガーデニングをしていて、地球温暖化を感じることはありますか」との質問には、「グリーンカーテンをしているが、最近は茂りにくくなってきた」という、実感のこもった話が参加者から寄せられました。



さて、その地球温暖化の話を踏まえて、後半はいよいよエコ寄せ植えです。



ダンボールコンポストで作った堆肥を使って作りました。(他には赤玉土、腐葉土、肥料を混ぜています)
ダンボールコンポストは、生ごみ、つまり「燃やすごみ」を燃やさず堆肥として再生させる方法です。すなわち、地球温暖化の原因の一つとなるCO2増加を軽減することに貢献しています。
使う鉢は、インタープリターの自宅に余ったリユース品です。



12月半ばとは思えない暖かい陽気の中、和気あいあいと楽しく寄せ植えを行いました。


エコ・キッズスペース ~エコなクリスマス会~

今日はクリスマス会の日でした。
定員いっぱいのたくさんの小さいかわいいお友達親子が来てくれましたが、入り口で消毒をしたあと、お互いにできるだけ離れて座ってくれています。



初めに工作をしました。
シールやテープを貼って、ダンボールのクリスマスツリーを作ります。
すてきなツリーがいっぱいできました。



ヤクルト等の容器を使ったマラカスも作ります。



工作の後は、「さんぽ」の曲にのって、サーキット遊びで少し体を動かしました。

そして、お次は、パネルシアター「クリスマスのサンタさん」です。
みんな興味津々で観てくれました。



最後は演奏会です。
ハンドベルで、まずインプリさんが「きらきらぼし」を見本演奏。
そのあと、ちびっこ音楽隊が演奏しました。
み~んな初めてなのに、きれいな音でとっても上手でした!



しめくくりに、全員で「ジングルベル」を合奏しました。
インプリさんや事務局スタッフが、タンバリンやハーモニカ、カホン、ウクレレなどを演奏し、子供たちはさきほど作ったマラカスを演奏に合わせて一緒にシャカシャカしてくれました♪

みなさん、ありがとうございました。
エコットフェスタはまだまだ続きます。また遊びに来てくださいね~!


クリスマス準備をはじめましょ♪

早いもので、クリスマスまでひと月を切っていますね。
そろそろ準備も始めないと!

今日のかんたんエコ手芸教室では、クリスマスリースを作りました!



市販されているリースの土台に、おうちにある小さな布やかわいい飾りをほどこしていきます。
今日は、かわいいサンタさんも作りました!



いかがですかか? クリスマスの気分がぐっとあがりますね!
布のチョイスによって、リースもサンタさんも全然違った雰囲気になるのが、ハンドメイドのいいところですね♪



今年は、おうちで静かにクリスマスを楽しまれる方が増えそうですね。
こんな時期ですが、素敵なクリスマスになりますように・・・♪


たい肥名人になろう!

本日は、大林小学校の親子さんがダンボールコンポスト基礎講座に参加してくださいました。
先日、大林小学校の4年生に『ごみ処理の工夫」として出前授業でダンボールコンポストについてお伝えし、興味を持ってくれた生徒さんが保護者さんと一緒に講座に参加してくれたのです。
先週から7組の親子さんが参加してくれています。とっても嬉しいです。



微生物のこと、豊田市のごみのこと、ダンボールコンポストの使い方について親子で熱心に聞いてくださいました。



『子どもの「やってみたい!」をきっかけに参加してみたけど、話を聞いてみて、興味がわきました。』なんて嬉しい声も聴くことが出来ました。
今日参加された、お母さんが、「美容室の雑誌にダンボールコンポストのこと掲載されていました」
と教えてくださいました。
おしゃれ雑誌にも紹介されてしまうくらい、今、注目されているんですよ!(^^)!



ダンボールコンポストを活用して、『捨てないくらし』はじめてみませんか?
12月は18日にダンボールコンポスト講座を開催いたします。
興味がある方、ぜひご参加ください。お待ちしております。


ネクタイでネックレスを作りました。

ここ数日、寒くなり窓を閉める日が続いています。
エコットでは今日、かんたんエコ手芸教室~ネクタイでネックレスを作ろう~の講座がありました。



今回は隣の席とかなり距離を取り、窓を定期的に開けて換気して実施しました。
講座の最初にはエコ話があり、いろいろな古着の活用の紹介がありました。
講師の先生が着ている服も実はリメイクされたもので自分で作られたみたいです。



今日は、ネクタイをリメイクしてネックレスにしました。
飾りはウッドビーズでとてもオシャレなネックレスに早変わり。



みなさん集中して作業してました。




軸が仕上がったらビーズを詰めていきます。




           完成!



楽しく作業できて良かった。との声がたくさんあり、みなさん完成でき大満足でした。



かんたんエコ手芸教室では11月28日(土)10時~12時にクリスマスリースとサンタクロースのぬいぐるみを作ります。
こちら大人気の講座で残りわずかとなっています。
みなさん、ぜひ参加してくださいね。


おかしの国のエコハウス

10月17日(土)は『おかしの国のエコハウス』の講座を開催いたしました。
今回の講師は、Edible Arch Tech(エディブルアーキテック)
代表の吉橋久美子さんと角田真理子さんです。




今回は、地球にやさしい家をテーマに。
豐田市防災対策課さんより、賞味期限が近い災害備蓄品を頂いたり、
豐田市子ども食堂ネットワークよりご支援頂いたグミをお菓子の家の材料に活用させて頂きました。
「食べ物を無駄にしない。」これも地球にやさしい取り組みですよね。



エコットのインタープリターさんによる『地球にやさしい家とは?』
昔の家造りのポイントや、海外の家などを参考にお話しをして頂きました。
また、ふなさんには『どんな家が強いのか?』
力の実験を通して、お菓子の家づくりに役立つことを教えて頂きました。



子どもたちも真剣。
どんな家が出来るのでしょうか?楽しみ!楽しみ!



『かくにんしんせいじょ』でどんな家を建てるのかをふなさんにチェックしてもらっています。



ふなさんより許可がおりたら、早速おかしの家作りスタートです!
これだけの材料でお菓子の家をつくります。



バランスよくウエハースを建てたりするのは、なかなか難しいのです。
でも、子どもさんたちの創造力は無限大!



大人も夢中になってしまいます♪



それぞれにストーリーがあり、こんな工夫をしたなど、お話を聞いていると感心するばかり。
街灯もつきました!
せっかくなので夜の街に!
講師の方が動画編集をして頂いたので、ぜひご覧ください!↓


どのおかしの家も素敵。とても楽しく美味しい講座になりました。
楽しさを通して、地球にやさしい家について考えてもらうきっかけになったでしょうか?
少しでも心に残ってくれると嬉しいです。
ご参加頂いたみなさまありがとうございました。


公式サイト

エコットのホームページヘ

過去のeco-T日記

カレンダー

« 3月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

月別リスト