エコット日記

eco-Tスタッフによるブログです。

エコキッズスペース~あそぶ・つくる・食べる楽しく学ぶ親子deエコ防災~

本日のエコキッズスペースは、末野原地域会議とのコラボ企画。
環境×防災の視点で開催しました。
防災には関心はあるが、なかなか手をつけられてないのよね~て方も多いですよね。
末野原地域会議ではこんな立派な冊子も作成しています。



今日は、たくさんの小さなお子さん連れということもあり、最初に身近なものを使って親子遊びを楽しみました。


こちらはテープの芯を使ってタオル人形

手袋
人形!懐かしい!


てぶくろ人形はお母さんたちも子どもの頃作ったことあるようで「なつかしい!」「やった!やった!」などの声も聞こえてきました。
テープの芯はカバンの中にちょっと忍ばせておけば簡単に指人形に変身。



避難グッズに必ず入っている軍手は、こんな風にかわいい遊び道具になりますよw
緊急時には、子どもさんが機嫌よく過ごすことも大事なことです。




上郷支所の武田さんに、ポリ袋を使ってのご飯を炊く方法とツナ缶を使用してのランプの作り方をを教えて頂きました。
これには、お母さんたちも興味深々です。



わ~い!見事火が着きました~♪
簡単に作れる避難グッズをいろいろ学びましたよ。
本で見るより、実践してみることが一番。


懐中電灯
もレジ袋をかぶせるとランプに。

おいしくご飯が炊けるかな?


途中、お子さんが飽きないようにインタープリターさんが雑紙で作った魚釣りを用意してくれました!お子さんも大喜び。その間にお母さんたちは、キッチンペーパーで紙マスクを作成しましたよ。


魚釣り大人気!


完成です!


クイズ形式で防災について学んだあとは、
お楽しみにの試食タイム!!



こめったくんの乾パン、クラッカー、えいようかん
思いのほかお子さんには『ようかん』が人気でした。
日頃から備蓄品を食べ慣れているということも大事な防災対策なんですよ。



ごはんも美味しく炊き上がりました!
「こんなに簡単にできるんですね!」「おいしいね~」との声も多くありました。

今日の講座は、盛りだくさんの内容でしたが、参加者からも
「すごく興味があったローリングストックについて聞けてよかった」
「小さな子どもの命を守るためにも、すぐ出来ることから実践したいと思う」
など、とてもよいご意見を頂きました。

参加頂いたみなさま、地域会議のみなさま、上郷支所のみなさまありがとうございました。


プチ講座 ふろしき&あずま袋を使おう!

今年度最後のプチ講座、本日は『ふろしき&あずま袋を使おう!』の講座を開催致しました。
プチ講座では、手芸やクラフトを中心に体験を通して、環境について学んでもらい、関心を持ってもらうことが目的で今年度からスタートしました。



本日は沢山の方にご参加頂きました。
最初はふろしきの包み方を参加者も手を動かしながら、覚えてもらいました。



縦結びにならないように結ぶのがポイントです!

ふろしきの歴史や間結びの結び方を学んでから、簡単な包み方から覚えていきましたよ。
布1枚で、結び方を変えるだけで、小さなカバンや帽子、すいかなどの丸い物も包むことができます。


いろいろなふろしき包みの見本にみなさん興味津々



ふろしきの講師の方も実際にこんな風に使うといいよと話しながら教えてくださり、とてもわかりやすい内容でした。
後半は、てぬぐいでのあずま袋作り。
今回は、限られた時間内での作成でしたので、市販の手ぬぐいを使用させて頂きましたが、はぎれをうまく活用してもらえると資源の有効活用ができます。


男性の方の参加もあり!嬉しいです。


2か所を縫うだけの簡単作業です。


今回は、男性の方も参加してくださいました。
2か所縫うだけの簡単なあずま袋でしたので、
「お友だちに作ってプレゼントします」などの声もきかれました。



かわいいあずま袋が完成しました。
今日、学んだこと、体験したことをぜひ、ご家庭に持ち帰り日々の生活に取りれてもらえたら嬉しいです!
ご参加頂いたみなさま、スタッフのみなさまありがとうございました。


もった博士のかがく倶楽部~燃料電池車を走らせよう~

今日はもった博士のかがく倶楽部~燃料電池車を走らせよう~を開催しました。

はじめに原子ってなに? どこにあると思う?
空気中にはどんな分子たちがある?
など、映像を使って考えました。



お父さんやお母さんと一緒に、フェルトのボールを使って水や二酸化炭素などの原子模型を作ました。



続いて、地球温暖化の原因と言われる二酸化炭素について考えます。
普段乗っている自動車の燃料のひとつはガソリンです。
ガソリンを燃やすと二酸化炭素を排出します。
その二酸化炭素を排出しないために水素で作った電気で走らせるのが
トヨタの燃料電池自動車「MIRAI」です。

まずは「MIRAI」と同じ仕組みのHレーサー(模型)を走らせます。



子供たちは充電している段階で、興味津々でした。
そしていざ出発です。



そして実際に「MIRAI」の運転席に座ったり、「MIRAI」から電気を取ってお湯を沸かしてコーヒやココアを飲みました。



寒い中参加して頂いたみなさま、スタッフのみなさまありがとうございました。


暮らしを楽しむ講座~衣類編~

2月3日(日)は、暮らしを楽しむ講座を開催しました。
今回は衣類編でダーニングの講座でした。
みなさんダーニングって言葉ご存じですか?



靴下に穴があいてしまった時に繕ってもらった経験はありませんか?
そんな繕う技法のことをダーニングといいます。
最近では、
目立たなく繕うだけでなく、もっとおしゃれにデザインとして取り入れダーニングしている作品を雑誌などで目にします。



講座のスタッフのみなさん。
今回の講座は満員御礼の大盛況。



ダーニング用の道具マッシュルームの代用として、昔は電球を使用したとか・・・
今回は、ゴムボールを活用しました。



まずは、持参して頂いた補修したいもので練習。この方は、靴下を補修されました。



旦那さんのジーパンの穴を補修されていた方もいましたよ。
すてきですね!



こちらはスタッフのみなさんの作品。穴あき靴下にこだわらず、ちょっとしたデザインにしてみたよ~なんてステキですね!

衣類のリサイクルについて、
どんな高価なよい布も最終的には、工業用ウエスになってしまうのです。
もったいないですよね。
こんな風に楽しみながら、補修を加えながら大切に着てもらえることが何よりだと思います。



今回は、古くなった缶バッチとはぎれを活用して、オリジナルブローチ作りを行いました。
参加者の方たちもアイディア満載!
ダーニングのよいところは、形が整っていなくても、ちょっとまちがえた!てのもよい味となり素敵なデザインになるのです。



参加者のみなさまより
・みなさんと一緒に作っていくことでいろいろなアイディアがあって、すごく楽しかった
・家にあるセーターも繕ってみたいです
など沢山のお声を頂きました。
またぜひ、出来上がった作品も見せに来てください。
ダーニングの講座に参加したみなさまから『おしゃれに』『大切に』という思いがが沢山ひろがりますように☆
ご参加頂いたみなさま、スタッフのみなさまありがとうございました。


かんたんエコ手芸教室~布マスク~

今日は、かんたんエコ手芸教室でこの時期に必需品の布マスクを作りました。



普段は手軽に使ってしまう使い捨てマスクではなく、家にあるタオルや使わなくなったハンカチで洗って繰り返し使えるマスク作りです。



すべて手縫いでしたが、みなさん器用でとても細かく縫っていて素敵な立体マスクが出来ました。



こちらが参加されたみなさんの作品です。 みなさん、色とりどりの作品ができました。



今回はおまけで、コーヒーフィルターでバラを作りました。
このコーヒーフィルターで作ったバラを水を入れたコップなどに入れると
フィルターが水を吸い上げて加湿器になるそうです。


お忙しい中、参加して頂いたみなさま、スタッフのみなさま
ありがとうございました。


エコットクッキング~まんぷくロールキャベツ~

1月20日(日)にエコットクッキング講座で
ロールキャベツ・ポテトサラダ・アップルコンポートを作りました。



最初にスタッフから作り方の説明やポイントなどを聞いて、スタートです。
まずはキャベツを1枚ずつ剥がしていくのですが、時々破れてしまったりしましたが
みなさんコツをつかんだらきれいに剥がせました。



お母さんと一緒に、玉ねぎのみじん切りやきゅうりの薄切りにもチャレンジ。
後半には1人でも切れるようになってました。



キャベツの巻き方も、ひと工夫あり爪楊枝を使わずにしっかりつつめました。
今回も男性の方の参加も多く、普段から料理をされているらしくとても手際が良かったです。



各グループとも、とても楽しく協力し合ってロールキャベツが完成しました。
ボリュウームのあるロールキャベツにみんな、「おいしい!」「おなかいっぱい!」と
とても好評でした。


参加されたみなさま、スタッフのみなさまありがとうございました。


エコな住まい方講座を開催!

今日は、豊田市環境政策課が主催する環境講座をエコットの多目的室で開催いたしました。
タイトルは「エコな住まい方講座 SDGs時代のCOOL CHOICE(賢い選択)」です。
参加いただいた方は、一般市民が10名、インタープリターさんが13名。

講師は、中部大学中部高等学術研究所の原理史さんです。


会場全体の様子

会場全体の様子


講師 原 理史 氏

講師 原 理史 氏

前半は、昨年の夏に起きていた異常気象のお話しから。
記憶に新しいと思いますが、昨年の7月は平年よりも高い平均気温になり、また、本州を東から西へ迷走した台風12号がありました。
日本だけでなく、世界中で異常気象が発生したことをお話ししてくださいました。

中盤、SDGsについて紹介してくださいました。
豊田市も昨年6月にSDGs未来都市に国から認定されたので、今後市民としてどう動いていけばいいか、注目してお話しを伺うことができました。

また、地球温暖化問題について特に印象深かったことは、「カーボンバジェットの存在」です。
これは、気温上昇をあるレベルまでに抑えようとする場合、温室効果ガスの累積排出量(過去の排出量+これからの排出量)の上限が決まるということを意味します。
1861~1880年の世界の平均気温を基準に、気温上昇温度を2度未満に抑えるためには、1870年以降の世界の人為起源の累積CO2排出量を約3兆トン-CO2に抑えなければいけないとされています。
すでに約2兆トン-CO2が排出されているため、残り排出できる量は約1兆トン-CO2であるということです。


2度未満に抑えるには、あと排出量は1兆トン-CO2

2度未満に抑えるには、あと排出量は1兆トン-CO2


後半は、COOL COICEについてお話がありました。

家電の使い方でも、目のつけどころを気をつけて取り組んでいただきたい、とのこと。
スイッチの入り切だけでなく、「温度の設定」や「機器の設置の仕方」を、特に季節の変わり目の時に見直すと良いですよとアドバイスをいただきました。

例えば、夏、温水洗浄便座…温水である必要ありますか?夏は温水の設定をオフにするだけでも省エネになりますよね!

また、快適な住まいを実現するには、「温度のムラをなくす」「熱の出入りを抑える」ということが重要とのこと。つまり”断熱”ですね!


多くの参加者がLEDに

多くの参加者がLEDに


最後に、これからの時代、「環境文化」が必要であるとおっしゃっていました。
これは、地球環境時代の新たな規範、すなわち環境倫理に照らしてより適した社会運営を行おうとする営みのことです。
特に、未来世代への責任は現在世代の責任にある、ということをおっしゃっていたことが印象的でした。

自分にできる事は何か?
見直すいいきっかけになりました。
COOL CHOICE、皆さんもぜひ取り組んでみてくださいね!

環境省 webサイトをクリック! COOL CHOICE


トコ積み木で遊ぼう

今日は、「トコ積み木で遊ぼう」を開催しました。
トコ積み木の開発者の西塔先生と一緒に楽しく遊びました。
参加者は、午前の部では26人、午後の部では10人でした。



こちらは、西塔先生の作品です。
2作品ともバランスが難しく、参加された方々から「すごい!」との声がありました。




親子で参加された方やお孫さんと一緒に参加された方、みなさん色々アイディアを出してたくさんの作品を作りました。



こちらは、慎重に積み重ねていき最後まで倒れることなく限界の高さまでたどり着きました。


西塔先生、参加されたみなさま、ありがとうございました。


かんたんエコ手芸教室~毛糸でハンドモップをつくろう~

今日のかんたんエコ手芸教室では、使わなくなった針金ハンガーとアクリル毛糸を使いハンドモップを作りました。



作業に入る前に、今日は冬至ということで、「ゆず湯に入る」とか「かぼちゃを食べる」
などの話題もありました。



今回は針や糸も使わず細かい作業でもなかったため、各グループごとにおしゃべりも
弾みながらどんどんモップらしくなっていきました。



最後にかわいらしく目玉を付けて完成です。中には持ち手に飾りでボンボンを付けられたかたも。
こちらが、参加者の方の作品です。
みなさん手際がよく、思ったよりも早く完成しました。



お忙しい中、参加して頂いたみなさま、スタッフのみなさまありがとうございました。

次回のかんたんエコ手芸教室は  
立体布マスクとコーヒーフィルターでバラの花を作ります。
●日 時  1月26日(土) 10時~12時
●参加費  100円
●持ち物  タオルやハンカチ1枚、裁縫道具
●対 象  中学生以上
●申込み先 豊田環境学習施設eco-T(エコット)
      TEL 26-8058


エコットクッキング~フルーツパンケーキをつくろう~

今日はエコットクッキングでフルーツパンケーキを作りました。



最初に講師の先生から作り方といろいろなポイントを教えてもらい、子ども達も真剣に聞いていました。



家族で参加してい頂いた方の中には、とても手馴れているお父さんや子ども達に心配そうな顔をされているお父さんもみえました。



生地をフライパンに流したり裏返すのが大変だったのが、慣れてくるとすごく上手にできるようになりました。



各テーブルでとても楽しく作りながら、子ども同士も仲良くなってました。
とても上手に出来上がり、おいしくいただきました。



参加された方から、「普段子どもと料理する機会がなかったので良かった」「家でもまた作りたい」との感想を頂きました。
参加されたみなさま、スタッフのみなさまありがとうございました。


公式サイト

エコットのホームページヘ

過去のeco-T日記

カレンダー

« 3月 »
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

月別リスト