エコット日記

eco-Tスタッフによるブログです。

エコ手芸講座~お手玉作り~

きょうは、エコ手芸講座 お手玉作りでした。
親子で参加してくださった方、お孫さんと一緒に遊びたくて作りにきてくださった方がいて和やかな雰囲気で講座が始まりました。



手縫いでチクチク。
子どもさんでも、教えてもらいながら上手につくることができました。
遊び道具を自分で作る経験なんて素敵ですね。



これはなんでしょう?
答えは数珠玉(ジュズダマ)です。
「懐かしい~」という声と、「初めて見ました」という声が聞かれました。
私にとっては、懐かしいものです。
子どもの頃、おばあちゃんがジュズダマを使って首飾りを作ってくれたのを思い出しました。
昔は、よく見かけたものですが、今はなかなか見なくなりましたね。
そんな貴重なジュズダマをインプリさんが準備してくれて、お手玉の中身にしました。



できあがり!
こんなにかわいいお手玉ができました。



できあがったお手玉を使って、みんなでお手玉遊び。
わらべうたを歌いながら遊びました。
わらべうたのやさしいリズムと手作りの小さなお手玉が懐かしいような、今の時代には新鮮なような、とてもあたたかい気持ちになる講座でした。
お家でもぜひ、遊んでくださいね。


海の日に、海にねがいを。

本日は、海の日。
海の日をスタートに豊田市環境学習施設eco-T(エコット)では、海洋プラスチックごみについて考える期間展示
change your life ~海にねがいを。~を開催しております。



今回のプログラムは『海で起きていること』『川で起きていること』『海のためのアクション』の3つのテーマに分かれています。
興味のあるテーマから体験していただき、少しでも海洋プラスチックごみについて知って頂けたらと思っています。



地元の新聞社の方が取材に来ていただいたり、毎年恒例の『釣ってエコット』を体験しにかわいい親子さんが来館してくれました。



展示プログラムを学んだ後には、エコバッグ作りやペパ鉛筆作りも体験できるコーナーを設置しております。



3密を避けて、3階のワークショップでは、工作も楽しんでもらえるようにご用意しております。
期間展示の体験できる期間は
7月23日(木)~8月30日(日)です。
ぜひeco-Tにご家族そろってお越しください。


第2回エコットフェスタ実行委員会

今日は、12月に開催を予定しているエコットフェスタの実行委員会を開催しました。
今日は9名のインタープリターさんが参加してくださいました。


今日の議題は、前回の実行委員会で話し合った内容を振り返ったあと、新型コロナウイルス感染拡大を防止した新しいイベントのやり方についてを中心に話し合いました。

・開催の形と目的
・web版とリアル版の導入について
・リアル版での新型コロナ対策について
・子ども服リユースについて
・出張リユース即売会について

事務局案についてお話をさせていただき、質疑応答やアイデアなどを時間のある限り伺いました。

環境政策課の職員にもご参加いただいたおかげでもあって、前向きに考えてやっていこー!という意気込みを皆さんで共有できたことが何より良かったなと思います。

次回は、8月19日の第3回実行委員会で具体的な企画内容が決まっていきます。

乞うご期待!!


第2回フェスタ実行委員会

第2回フェスタ実行委員会


夏のエコット


梅雨明けが待ちどおしいですね。

今年度はコロナウィルスの影響で、短めの夏休みとなりましたが
エコットでは、夏の風物詩「釣ってエコット」や「eco工作」を体験していただけます。



こちらは、毎年大人気のエコバッグ作りコーナー。
バッグ1枚につき100円で体験可能です。
イラストを描いたり、布を貼ったり。
親子で楽しんでいただけます。



この夏は、ぺパえんぴつ作りも体験可能です。
お1人2本まで、参加費無料です。


期間中(7月21日~8月30日)、展示室にていつでもどなたでも
楽しんでいただけます。
是非、みなさまお越しくださいね。


ドライアイスで遊びました!

今日はもった博士のかがく倶楽部~ドライアイスで遊ぼう~の講座がありました。
今回も密にならないようにマスク着用のもと、間隔を空けて窓を開放し、さらにサーキュレーターを回し空気の流れも良くし熱中症対策もしました。



まず最初にドライアイスについて学びます。ドライアイスは二酸化炭素が凍ったものなんですね。毎回恒例のグーチョキパーでクイズも行いました。



皆さん真剣に話を聞いていました。



次に空気中に存在する原子の勉強をします。私も中学生の時に学んだとは思いますが・・・
改めて勉強できました。



 



原子の勉強が終わったらいよいよお待ちかねのドライアイスを使った実験です。



机の上を滑らせたり

 



フェルトの上に乗せて観察します。

ドライアイスを水の中に入れて二酸化炭素を発生させて火をつけたロウソクを近づけて消えるか実験しました。




次に二酸化炭素が気化して体積が増えることを利用したカメラのフィルムケースを使った鉄砲を作ります。


フィルムケースに砕いたドライアイスを入れて・・・


蓋を閉めたら地面に設置して離れます。

しばらくするとボンッ!!と大きな音がして蓋が飛びます!!
(弾け飛ぶ瞬間は撮れませんでした。ごめんなさい)
みんな驚いてました。

最後はお楽しみのドライアイスを使ってのアイス作りです。
ジップロックに入れた牛乳をドライアイスを入れた袋の中に入れてシャカシャカと振ります。



しばらく振るとジップロックに入れた牛乳が冷やされて固まりアイスクリームができました。
みんな自分で作ったアイスに「おいしい」とにっこりです。(^O^)
牛乳の代わりにジュースで作ると、みんなが大好きなシャーベットになるんですよ!!



最後に世界各国のCO2排出量のグラフを見て勉強しました。
面積比にしたグラフですが日本は世界で一番CO2を排出している国なんだと改めて実感しました!!



今日は皆さん大満足して講座でした。
また是非エコットに来てくださいね。


cafe de eco-T ~山岳ガイドが見た!山の世界~

今日は46人の参加者が来てくださいました。

河村 佳生さん(NPO法人静岡山岳自然ガイド協会所属)を講師にお招きし、山の自然環境の変化や登山の体験談をお話しいただきました。

また、大林町にある「モカモカ」(WEB)さんによるおいしいコーヒーを参加者に飲んでいただきながら、お話を聞いてくださいました。


講座 スタート♪

講座 スタート♪


講師 河村 佳生さん

講師 河村 佳生さん


前半は、登山の魅力や、登山の注意することなどのお話しをしてくださいました。

登山した時にしか見られない風景や動植物の美しさなどを紹介してくださいました。

年齢や体調に合わせて道具や装備を整えて安全に登山することが必要だということをおっしゃっていました。

そして遭難にまつわる面白くて勉強になる動画を見ました。
山岳遭難防止啓発ビデオ『そうよ そうなの 遭難よ!』(動画を見たい方はコチラ
(公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会WEBサイト)


美しい景色

美しい景色


動植物との出会い

動植物との出会い


そうよ そうなの 遭難よ!

そうよ そうなの 遭難よ!


山において必要なのは…

山において必要なのは…


そして休憩中は、会場後ろに展示してある様々な道具を参加者に見ていただきました。


休憩中

休憩中


登山道具の紹介

登山道具の紹介


後半は、近年の自然環境の変化についてお話をしてくださいました。

ライチョウは、南アルプス(南限)に生息しています。
親鳥はヒナを守るために、あえて天敵に目立つような場所にいるというお話を初めて聞きました。
子を思う親の愛を感じましたね。


後半スタート

後半スタート


ライチョウ

ライチョウ


環境の変化が大きければ大きいほど、すぐにはなおらない。
それは私たちの健康・病気と同じことだというお話を聞いて納得しました。


立山の氷河

立山の氷河


温暖化による影響

温暖化による影響

人とのコミュニケーションは”思いやり”や”心遣い”が大事ですが、これは自然に対しても同じことだとおっしゃっていました。

講師のお話がとてもわかりやすく楽しく、そしておいしいコーヒーをたしなみながら学習できて、有意義な時間を過ごせたなと思っています。

「自然を大切に」そのために何ができるかを考えさせられる講座でした♪


エコットクッキング「野菜たっぷり焼きそば」の試作をしました

今日はエコットクッキングで8月講座の試作をしました。



メニューは野菜たっぷりの焼きそばとスイカパンチです。



キャベツを洗う時には、半分に切って芯を取り葉を広げながら切り口を下にして水の中にジャブジャブとすれば、中までしっかり洗えるそうです。聞いた時には思わず「へー」って言ってしまいました。



お肉を炒め、堅い野菜から順番に炒め、焼きそばを入れて味付けをすればが完成です。この焼きそば1皿で1人が1日に必要な野菜の60%を摂ることが出来ます。1食でたくさんの野菜を食べようと思うと難しいですが、こんな風にすると美味しく簡単に摂取することができるんですね。



スイカパンチは、スイカとキウイ、ゼリーを入れサイダーを入れれば完成ですが、スイカはこのように皮をむくと水分が出にくいそうです。


こちらの講座はすでに満員御礼となっていますが、ぜひ皆さんもお家で野菜たっぷりの焼きそばを作ってみてくださいね。


積み木キャラバン事業説明会を開催しました。

本日は、『幸せの木色い積み木キャラバン隊』さん向けの事業説明会を開催しました。
eco-Tでは、平成28年度から森林の大切さや地球温暖化防止活動の取り組みについて伝えるために積み木キャラバンワークショップを開催しております。



本日は、キャラバン隊として活動していただいているボランティアさんに集まって頂き、
今年度の方針などについてお伝えする機会としました。



新型コロナウィルスの影響で、今年度は、子ども園に訪問するのが、10月からスタートとなります。
それまでに、3期生は研修を受けたり、本日のように事業説明会で1~3期生でキャラバン隊としての心構えなどを確認して、準備を進めております。



3期生による自己紹介タイム。
今年度は、17名の方が積み木キャラバン隊になって頂きました。



確認もばっちり!
あとは、10月からの積み木ワークショップが始まるのを楽しみにしています。
今年度も大人気で、50園以上の子ども園に伺う予定です。
積み木キャラバン隊の皆様、本日はお疲れ様でした。


「エコ寄せ植えを作ろう」開催しました!

「エコ寄せ植えを作ろう」の講座を本日開催しました。

まずは、講師を務めるインタープリターの皆さんの自己紹介と、体験談を交えた講話。



地球温暖化によって、北極のシロクマが住めなくなる。

決してシロクマの話ではないんですよ。「他人事」ではないんですよ。

我々が、生活の中でできることはきっとある。



例えば、エコットの正面にはゴーヤのグリーンカーテンを作っています。

受講者にも、グリーンカーテンを実践されている方がいらっしゃいました!



さて、いよいよ寄せ植え体験です。どの苗にする?とさっそく盛り上がりました。

鉢は、コーヒー豆が入っていた麻袋をリメイクしたものです。

一味違っておしゃれ。



皆さん、めちゃくちゃ素敵なものができました。



皆さんのお家が花いっぱいになって、動物も人間も住みよい地球になりますように。


エコットクッキング

先日の日曜日(12日)に、エコットクッキング~アフタヌーンティー~の講座を開催しました。今年度初のエコットクッキング講座です。
メニューはスコーン・アップルコンポート・紅茶です。



本来は3月の開催予定でしたが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止をしましたが、今回、無事開催することが出来ました。



今回のエコットクッキング講座は、コロナウイルス感染予防対策の為、いつもとは違い参加者の方々に調理をするグループとエコバック作りのグループの2グループに分かれてもらい、完成したら交代です。
調理台の周りには、立ち位置のシールを貼ったり違う部屋で食べるようにしました。



フードプロセッサーを使いスコーンの生地を作りました。参加されたお母さんからは「こんな使い方もあるんだね。簡単だから、家でもやってみよ!」と。
三つ折りを3回繰り返したら、あとはオーブンにお任せ。と言いつつも、子ども達はちゃんと膨らむか気になりオーブンの前でチェックしてました。
アップルコンポートも、りんごを半分に切って芯を取り皮をむき、レモン汁をまぶしておくと変色もしないできれいです。砂糖をのせて電子レンジにかけて火が通ったら冷まします。レンジにかけている間、部屋中にりんごのいい香りでいっぱいでした。



そしてこちらは、エコバック作り。7月1日からレジ袋の有料化となりました。そこで調理をしてない時間を使って、オリジナルのエコバック作りをしてもらいました。
細かく絵を描く子もいれば、完成してにっこりの子も。



スコーンも生クリームとジャムを盛り付けて完成です。
「思ったより簡単にできたのにすごくおいしい」「また家でも作ってみようね」と、各テーブルから聞こえてきました。
食べた後は、もちろん片づけです。今回は、一人ずつ自分のものは自分で片づけです。
今回油汚れなどは少なかったのですが、お皿はウエスで拭いてから洗います。
みんなきれいに洗ってくれたので、お皿もピカピカになりました。


コロナ対策の為、2グループを入れ替えての開催はスタッフも初めてで始まるまではドキドキでしたが、参加者の方々の協力もあり無事に終了することが出来ました。

参加していただいたみなさま。スタッフのみなさま、ありがとうございました。


公式サイト

エコットのホームページヘ

過去のeco-T日記

カレンダー

« 8月 »
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

月別リスト