エコット日記

eco-Tスタッフによるブログです。

おかしの国のエコハウス

10月17日(土)は『おかしの国のエコハウス』の講座を開催いたしました。
今回の講師は、Edible Arch Tech(エディブルアーキテック)
代表の吉橋久美子さんと角田真理子さんです。




今回は、地球にやさしい家をテーマに。
豐田市防災対策課さんより、賞味期限が近い災害備蓄品を頂いたり、
豐田市子ども食堂ネットワークよりご支援頂いたグミをお菓子の家の材料に活用させて頂きました。
「食べ物を無駄にしない。」これも地球にやさしい取り組みですよね。



エコットのインタープリターさんによる『地球にやさしい家とは?』
昔の家造りのポイントや、海外の家などを参考にお話しをして頂きました。
また、ふなさんには『どんな家が強いのか?』
力の実験を通して、お菓子の家づくりに役立つことを教えて頂きました。



子どもたちも真剣。
どんな家が出来るのでしょうか?楽しみ!楽しみ!



『かくにんしんせいじょ』でどんな家を建てるのかをふなさんにチェックしてもらっています。



ふなさんより許可がおりたら、早速おかしの家作りスタートです!
これだけの材料でお菓子の家をつくります。



バランスよくウエハースを建てたりするのは、なかなか難しいのです。
でも、子どもさんたちの創造力は無限大!



大人も夢中になってしまいます♪



それぞれにストーリーがあり、こんな工夫をしたなど、お話を聞いていると感心するばかり。
街灯もつきました!
せっかくなので夜の街に!
講師の方が動画編集をして頂いたので、ぜひご覧ください!↓


どのおかしの家も素敵。とても楽しく美味しい講座になりました。
楽しさを通して、地球にやさしい家について考えてもらうきっかけになったでしょうか?
少しでも心に残ってくれると嬉しいです。
ご参加頂いたみなさまありがとうございました。


コメント

名前
メールアドレス
URL
タイトル
コメント
パスワード
Cookie

公式サイト

エコットのホームページヘ

過去のeco-T日記

カレンダー

« 11月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最新記事

カテゴリー

最新のコメント

月別リスト